自分の時間をつくる

  

ピラティスを手渡していて「ああ、よかったなー!」と思うのは、

「この時間があるから、○○ができています!」というお声をいただくとき。

仕事とか子育てとか家事とか家族のケアとかいろーんなあれこれを抱えていても、

それらを笑顔でぐんぐん進めていくパワー、かっこいいですよね。

そんな方たちに共通するのは、

自分の時間をつくっていること。

自分をちゃんとケアしていること。

それって、決して自分だけ楽しんでいるわけではなく、

とっても周りの方の力になってるんです。

 

「これがなかったら、今頃這いつくばって生きてそう!」

土日は息子さんのセンター試験で、夜遅くまで自己採点&出願の話し合い、

月曜は一人暮らしのお母様が救急車で運ばれたと呼ばれ、、、

そんな翌朝10時にレッスンにお越しくださったMさん。

「もーう、ピラティスする前だったら、 こうして出かけようなんて思えずに、 今ごろ起き上がることもできず這いつくばって生きてそうです! でもこの時間があるから、大変なときでも踏ん張れるし、自分のためにちゃんとやっておくって大事ですね!」

家族のためにがんばれること。

出かけたいと思えること。

大変なこともほがらかに笑えること。

そんなお母さん、家族は励まされますよね。

「自分を大事にすること」は「周りのひとを大事にすること」

Aさんは、子育てをしながらピラティスにも熱心に通い、

レッスンでお伝えしたことをご自宅でも実践してくださって、

時間を作って学びの場にも出かける。

いや、ほんとすごいなーと思って聞いてみました。

自分の時間があった方が、子どもたちに優しくなれるんですよ~!

もちろん、それをサポートしてくださっているご家族への感謝も忘れない。

そっか。元気は優しさの元。

幸せ家族いいな~(笑)

   

   

今年も、そんなステキな方との輪をどんどん広げにいきます!

「そうは言っても、時間をつくるのカンタンじゃない!」と思っちゃいますか?

方眼ノートがキーワードです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました